ガラス修理時に知っておきたいガラスの種類

ガラス修理の基礎知識~普通のガラスと機能ガラスの違い~

住宅の窓で利用されているガラスには、一般ガラスと機能ガラスの二種類が存在しています。一般ガラスはフロート板ガラスや網入板ガラスなどを指しており、一般的な住宅ではこういったガラスを利用することが多いです。一方機能ガラスは複層ガラスや強化ガラスなどの特殊な効果を持ったガラスの総称であり、最近では高断熱複層ガラスや遮熱複層ガラスなどさまざまなタイプが登場しています。一般ガラスはガラスとしての機能を重視しており、透明度や採光性に優れているのが特徴です。しかし耐久性はそれほど高くはないため、強い衝撃などを受けるとガラスが破損してしまう恐れがあります。機能ガラスはさまざまな性能を持たせたガラスであり、耐久性や遮熱性などの効果を発揮することができます。しかしガラスの価格は一般ガラスよりも高くなるため、自宅に機能ガラスを導入する際はガラスの値段をよく確認しておきましょう。

最近のガラスはかなり高性能

女性

さまざまな性能を持ったガラスが開発されている現在では、日常生活に便利な効果を持つ高機能ガラスが多数登場してきています。中でも複層ガラスの間に特殊な金属膜が内蔵されているエコガラスは、室内の温度を安定させるのに最適です。ガラスから熱が放出されるのを防ぐことができるため、冬や夏などの時期でも快適な室内環境を維持することができます。大家や管理会社の方に相談を行なっておけば、自宅のガラスをこういった高性能ガラスへと変更することが可能です。

TOPボタン