賃貸物件に住んでいる人必見~ガラス修理を依頼する際のポイント~

アパートのガラスが割れた!~支払い責任は誰にある?~

入居者に責任があるケース

ガラスに何かをぶつけることによってガラスが割れてしまった場合は、自分でガラスの修理費用を支払う責任があります。入居者の不注意などによって破損が生じた窓ガラスは、物がぶつかった場所を中心に亀裂が入っていることが多いです。窓ガラスが割れていた場合はガラスの状態を確認し、自分の損失であった場合は自分の資金で窓ガラスを修復しておきましょう。修理を実施しておかないと、引越しを行なう際に退去費用が発生してしまいます。

賃貸アパートのオーナーに責任があるケース

熱割れなどの現象で窓ガラスが破損していた場合は、物件の所有者にガラスの修理費用を負担してもらうことが可能です。温度差によってヒビが発生したガラスは、窓の端部分にヒビなどが生じています。また熱割れは住宅の窓全てに発生することもあるため、一か所のガラスだけに発生するとは限りません。冬や夏などの時期に熱割れが発生した場合は大家や管理会社に連絡を行ない、窓ガラスの修復を実施してもらうように交渉しましょう。

自然災害で窓ガラスが割れた!~証拠を残しておくことが重要~

住宅に存在している窓ガラスが災害や熱割れなどによって破損してしまった場合は、なるべく早めに修理を実施してもらう必要があります。自然災害によってガラスが壊れてしまったのに修理を依頼しないままにしておくと、破損の原因が個人による過失として認定されてしまう可能性が高いです。こうなってしまうとガラスの修理費用は自己負担となってしまうため、窓ガラスにヒビや割れが生じてしまった場合はすぐに大家や管理会社の方にガラスの状態を確認してもらわなければなりません。ガラスの修理を依頼する際はすぐさま大家や管理会社の方にガラスをチェックしてもらい、スムーズに手続きを進めていくことで迅速に割れたガラスを交換できるようにしましょう。

TOPボタン